猫だもの ニャニオー

あなたと愛猫とのライフスタイルを幸せにしましょう!

キャットフード

アカナ・キャットフードがリニューアル カロリーと給餌量の目安

更新日:

カナダのチャンピオンズフーズ社が生産しているアカナ・キャットフードが、2017年春にリニューアルしました。

価格と、成分が若干変更しましたので、心配されている飼い主さんもいらっしゃるかと思います。成分のなにが変わり、それはどのようなものなのか? それらと、アカナのキャットフードの給餌量の目安についても、解説します。

カロリーや原材料については公式サイトには掲載されていますが、給餌量については、掲載されていませんので、参考にしてください。


世界50か国以上で愛されている!【オリジン】
(オリジンもリニューアルし、カナダ産からアメリカ産となっています。こちらはアカナのみの公式サイトとなります。)

アカナ・キャットフード リニューアルの内容と、それに伴う解説

価格の変更 (パッケージも変更)

  • 340g 1,215円(税抜)
  • 1.8kg 5,638円(税抜)

価格が値上がりしました。アカナはグラスランド、パシフィカ、ワイルドプレイリーの3種類を生産していますが、全3種類とも同価格です。340gパッケージですと、おおよそ1日分の目安が「250円」、1.8kgパッケージなら、1日「190円」くらいが、アカナ・キャットフードの価格だと思ってください。

 

新しいラインナップ

アカナ・ランチランドキャト

ラム肉、アンガス牛肉、バイソン肉、ヨークシャー種豚肉、などのお肉をたっぷりと主成分としたフードが、新製品として登場しました。

※ ただし公式サイト(アカナ・ファミリー・ジャパン)では、まだ販売されていない模様なので、ご購入はご注意ください。

ぼく自身は公式サイトからでしかフードを購入しません。公式サイト以外で販売しているものは、一度別の業者に委託された、いわゆる転売目的で購入され、販売されたものですので、ペット関係者が関与していないため、安全面、衛生面で疑問があるからです。

Amazonなどで安価で買って、低評価をつけている人を見ると、本当に残念でなりません。

 

食物繊維の増量

グレインフリー(穀物不使用)は変わりません。野菜、フルーツからの食物繊維量が増加しました。

 

原材料の変化

原産にこだわったフード作りをしていたアカナですが、さらにカナダ産の肉の原材料が増加しています。70%から75%へ増加しました。フリーズドライレバーも新しく原材料に加わっています。

 

低GI原材料の増加

低GIを高めたキャットフードになっています。

GI(グリセミック・インデックス)とは、食後に血糖値が上がることですが、アカナ・キャットフードの最大の特徴である、高タンパク質でありながら、血糖値を下げる、その特質に、さらに磨きがかけられました。

血糖値を下げる最大の食材は大豆といわれます。グリーンピースや、ひよこ豆、赤レンズ豆、緑レンズ豆などが、アカナには新しい原材料として加えられています。低GIを目指すために、豆類を増やしたことがわかります。

 

個人的印象

全体としてみると…

アカナの特色をさらに生かして、その分価格も少しあがった、という感じでしょうか。もともとプレミアムフードでは、値段としては安かったわけですから、問題なしです。

公式サイトを見てみる>> 世界50か国以上で愛されている!【オリジン】 (オリジンもリニューアルし、カナダ産からアメリカ産に変更しました。こちらはアカナの公式サイトになります。)

 

アカナの3種類のキャットフードの原材料とカロリーと給餌量

アカナはレジオナルシリーズとして全3種類のキャットフードを生産、販売しています。それぞれの成分、カロリー、給餌量の目安は、以下になります。

アカナ・ワイルドプレイリー

340g 1.8kg

放し飼いの鶏肉、七面鳥肉、全卵、天然魚をたっぷり使用したキャットフード。

代謝エネルギーは4080kcal/kg(250mlカップ1杯につき490kcal)、うち36%がたんぱく質、42%が脂肪、22%がフルーツ、野菜由来

原材料:新鮮丸ごと太平洋ニシン (16%)、新鮮丸ごと太平洋イワシ(13%)、新鮮丸ごとアブラカレイ(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、太平洋タラミール(8%)、丸ごとシロガネダラミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、丸ごと緑レンズ豆、タラ油(6%)、新鮮丸ごとシルバーヘイク(4%)、新鮮丸ごとレッドストライプメバル(4%)、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、コールドプレスヒマワリ油、日干しアルファルファ、 乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライタラレバー(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

添加栄養素(1kg中):天然濃厚トコフェロール:コリン1000mg,ビタミンE:200IU,アミノ酸水和物亜鉛キレート:100mg,アミノ酸水和物銅キレート:10mg,ビタミンK:1.25mg

畜産学的添加物: 腸球菌フェシウム

体重成猫肥満猫シニア猫
2kg40g40g30g
3kg45g45g30g
4kg60g60g40g
5kg75g75g60g
8kg105g75g90g
10kg120g80g105g

 

アカナ・パシフィカ

340g 1.8kg

天然ニシン、イワシ、カレイ、シルバーヘイク、メバルを豊富に使用したキャットフード。

代謝エネルギーは4040kcal/kg(250mlカップ1杯につき485kcal)、うち37%がたんぱく質、42%が脂肪、21%がフルーツ、野菜由来

原材料:草を与えられて育った生ラム肉(8%)、新鮮鴨肉(8%)、新鮮全卵(8%)、ラム肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、七面鳥ミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、ラム脂肪(6%)、新鮮天然ノーザンパイク(5%)、生ラムレバー(4%)、新鮮鴨内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、新鮮七面鳥肉(4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、タラ油(2%)、日干しアルファルファ、乾燥ラム軟骨(1%)、生ラムトライプ(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(ラムと鴨)(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

添加栄養素(1kg中):天然濃厚トコフェロール:コリン1000mg:アミノ酸水和物亜鉛キレート:100mg,アミノ酸水和物銅キレート:10mg

畜産学的添加物: 腸球菌フェシウム

体重成猫肥満猫シニア猫
2kg40g40g30g
3kg45g45g30g
4kg60g60g40g
5kg75g60g60g
8kg105g75g90g
10kg120g80g105g

 

アカナ・グラスランド

340g 1.8kg

ラム肉、放し飼いの鴨肉、巣に産み落とされた卵、天然淡水魚をたっぷり使用したキャットフード。

代謝エネルギーは4100kcal/kg(250mlカップ1杯につき492kcal)、うち36%がたんぱく質、42%が脂肪、22%がフルーツ、野菜由来。

原材料:新鮮鶏肉(9%)、新鮮七面鳥肉(9%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (9%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、鶏脂肪(5%)、新鮮全卵(4%)、新鮮天然ウォールアイ(4%)、新鮮天然トラウト(4%)、新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、タラ油(2%)、日干しアルファルファ、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥)(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

添加栄養素(1kg中):天然濃厚トコフェロール:塩化コリン1000mg:アミノ酸水和物亜鉛キレート:100mg,アミノ酸水和物銅キレート:10mg

畜産学的添加物: 腸球菌フェシウム

体重成猫肥満猫シニア猫
2kg40g40g30g
3kg45g45g30g
4kg60g60g40g
5kg75g60g60g
8kg105g75g90g
10kg120g80g105g

給餌量はあくまで目安です。小食の猫ちゃんに、無理に食べさせることはありませんし、肥満の猫ちゃんに対して、ごはんを与えないのも可哀相なことです。

chcek!

 

小食、肥満の猫ちゃんのごはん対策として、フリーツドライなどのおやつを間食として与えてください。

ごはんは朝と夜の、1日2回。

面倒だから、といって、ドライフードを置きっぱなしにしておいて、いつでも食べられるようにしておくのは、あまりよくありません。

キャットフード

猫はお腹が空いたら、いいにきます。ごはんどきでないなら、おやつを与えて、甘えさせてあげましょう。

ウェットフードばかり食べている猫ちゃんには、ドライフードを与えるよう努力してみてください。ミネラルを補給するには、ウェットは有効ですが、歯がダメになります。我が家の猫が20年生きたのは、ドライフードを主食にしていたためです。

新しいフードを食べたがらないときは、7日~10日を目安にして、古いものにだんだんと新しいものの量を増やして混ぜていって、与えてみましょう!

 

子猫用の給餌量

体重
1kg55g
2kg110g
3kg165g

子猫の場合は、だいたいこの辺りが目安です。

体重が1kg増加していくごとに、30gずつ増やしていくとよいと思います。小さい頃は食欲が旺盛ですので、食べるだけ食べさせて大丈夫です。人間の子供といっしょです。

多少大きくなったりもしますけれども、一定の年齢になると、食欲が落ちてきます。食べ過ぎが心配なら、カロリーの低いウエットフードを間に挟んでみるとよいでしょう。

アカナ・キャットフードは、ほかのキャットフードと本質的になにが違うのかについては、成分等を検証して、以下の記事で書いています。

興味があるかたは、どうぞ。

>>アカナの3種類のキャットフード ワイルドプレイリー、パシフィカ、グラスランド<<

リニューアルを機に、さらにアカナ・ファンが増えると嬉しいです。ぼくが世界中のキャットフードでもっとも愛してやまないのが、このチャンピオンフーズ社のアカナです。



世界50か国以上で愛されている!【オリジン】
(オリジンもリニューアルし、カナダ産からアメリカ産となっています。こちらはアカナのみの公式サイトとなります。)

-キャットフード
-, , , ,

Copyright© 猫だもの ニャニオー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.