猫だもの ニャニオー

あなたと愛猫とのライフスタイルを幸せにしましょう!

キャットフード

【評判】愛猫と過ごす幸せを教えてくれるアカナ・キャットフード

更新日:

カナダのチャンピオンペットフーズ社が生産販売しているアカナ・キャットフード

地元の自然豊かな原材料とグレインフリー(穀物不使用)にこだわった、とても人気のあるプレミアム・フードです。

なぜそこまでアカナ・キャットフードは、人気なのでしょうか?

その理由をさまざまな飼い主様の口コミを調べながら追及してみました。

アカナは猫が猫であるために生産された、どこにもない世界でただひとつのきわめてまれなキャットフードです。

なぜアカナ・キャットフードがこれだけ評判がよいのか?

ぼくはその理由を、それが良質なフードであることはもちろん、愛猫との正しい付き合い方を教えてくれるからだと思っています。



世界50か国以上で愛されている!【オリジン】
(オリジンはリニューアルし、カナダ産からアメリカ産となっています。こちらはアカナのみの公式サイトとなります。)

 

アカナ・キャットフードの特徴

チャンピオンペットフーズ社は、以前オリジン、アカナという優れた2つのキャットフードを生産していました。2017年をもって、オリジンはアメリカ産となりました。

同時に、アカナもリニューアルされたのですが、1.8kg、340gという大小サイズの2種類に分かれ、ワイルドプレイリー、パシフィカ、グラスランド、という本来あった3種類のフード自体は変わりありません。ランチランドという新しいタイプが加わりました。

さらに原材料の肉や魚、野菜、フルーツが多く使用され、価格が若干あがりました。

アカナ・ワイルドプレイリー

340g 1.8kg

放し飼いの鶏肉、七面鳥肉、全卵、天然魚をたっぷり使用したキャットフード。

代謝エネルギーは4080kcal/kg(250mlカップ1杯につき490kcal)、うち36%がたんぱく質、42%が脂肪、22%がフルーツ、野菜由来

アカナ・パシフィカ

340g 1.8kg

天然ニシン、イワシ、カレイ、シルバーヘイク、メバルを豊富に使用したキャットフード。

代謝エネルギーは4040kcal/kg(250mlカップ1杯につき485kcal)、うち37%がたんぱく質、42%が脂肪、21%がフルーツ、野菜由来

アカナ・グラスランド

340g 1.8kg

ラム肉、放し飼いの鴨肉、巣に産み落とされた卵、天然淡水魚をたっぷり使用したキャットフード。

代謝エネルギーは4100kcal/kg(250mlカップ1杯につき492kcal)、うち36%がたんぱく質、42%が脂肪、22%がフルーツ、野菜由来。

アカナ・ランチランド

340g 1.8kg

ラム肉、アンガス牛肉、バイソン肉、ヨークシャー種豚肉、などのお肉をたっぷりと主成分としたキャットフード。

代謝カロリー 4,020kcal/kg うち37%がたんぱく質、20%以上が脂肪。

※ ランチランドは公式サイト(アカナ・ファミリー・ジャパン)では、まだ販売されていない模様なので、ご購入はご注意ください。

公式サイトを見てみる>> 世界50か国以上で愛されている!【オリジン】
(オリジンはリニューアルし、カナダ産からアメリカ産となっています。こちらはアカナのみの公式サイトとなります。)

 

アカナ・キャットフードは高タンパク質で低炭水化物

オリジンの改良版がアカナなのですが、違いがあります。

アカナの特徴を知るために、オリジンとアカナの違いを見てみましょう。

オリジンアカナ
たんぱく質 40%以上たんぱく質 37%以上

たんぱく質の成分を見るなら、ほかの外国産のプレミアム・キャットフードの値は、全体の30%くらいが標準値です。

アカナはプレミアム・フードの中では、オリジンには劣りますが、かなり高いたんぱく質だということがわかります。

2017年のリニューアルに伴い、事実上チャンピオンペットフーズ社のカナダ産のキャットフードはアカナのみです。アカナはずっと地元の原材料のみにこだわったフード作りと管理を徹底しています。

高たんぱく質、低炭水化物のイメージがあるアカナ。

なぜ高いたんぱく質、低炭水化物が良いキャットフードなのでしょうか?

 

アカナが高たんぱく質で優れたキャットフードである理由

 

アカナは猫の消化によくないとされる穀物類を一切不使用としたグレインフリーです。

人工的に冷凍、加熱した原材料を用いて、フードを作っていません。化学物質、着色料や、防腐剤なども、一切使用していません。

どのようにして新鮮なキャットフードを保っているのでしょう?

豊富な食材を食べて育った鶏肉や、放牧された家畜たちの肉や、川で捕った新鮮な魚や、広大な大地で太陽の陽射しをいっぱいに浴びて育った天然のフルーツや野菜を用いることで、それを実現することを可能にしています。

運搬や自社の工場でしか管理しない、それらのこだわりも手伝って、鮮度の落ちないキャットフードを作っているのです。

従来のプレミアムフードは、猫が自然に作りだせない高いたんぱく質を与えて、消化の悪い穀物類を抑える、という目的で生産がなされています。

アカナは「猫は本来は野性の動物である」というコンセプトの元、地元の新鮮な原材料を用いることで、そのプレミアムフードを実現しました。

それが理由で高いたんぱくの栄養分や、高いカロリーを猫が摂ることが可能になっているのです。

 

アカナ・キャットフードの口コミ

アカナ・キャットフードの口コミを調べてみました。皆さんは、どんなご意見を持っているのでしょう。

評価が今ひとつだった口コミ

飼い主様A
よいと評判だったので買ってみたのですが、うちの猫ちゃんはぜんぜん食べてくれません。やっぱり相性ってあるんでしょうか? サンプルがあればよかったな、と思います。
飼い主様B
値段が以前より、少し高くなったので、それが唯一欠点といえば欠点でしょうか? よいキャットフードだと思っていたのでリピしていましたが、今後はべつのものにしようかな、と思案中です。
飼い主様C
子猫に与えるには、粒がちょっと大きいかな、と思います。あと、臭いが独特で、強いです。もう少し発育したら、また与えてみようかな、と思います。
飼い主様D
いいキャットフードだとは思いますが、うちの猫には合いませんでした。うちの猫はひどい皮膚病で、グレインフリーがよいと思い、評判のよいアカナを買いましたが、穀物不使用でも、豆類が入ったフードは合わない猫もいると思います。

評価がよかった口コミ

飼い主様A
我が家の猫は小麦アレルギーです。そのために穀物たっぷりの市販のフードを与えていたら、皮膚炎になってしまいました。アカナに変えてみたところ、肌も落ち着き、毛並みもよくなりました! お米や小麦に敏感な猫には、アカナはとてもよいと思いますよ。
飼い主様B
とても毛艶がよくなりました。それから目の輝きが違って、顔がとても美しくなったと思います。ペットフードでこれだけ違う変化が見られたのは、驚きとしかいいようがありません。今後もアカナを与えみようと思っています。
飼い主様C
プレミアムフードはたくさんありますが、我が家の猫はアカナをいちばん食べてくれます。良かった点は、吐かなくなったことです。我が家の猫は穀物アレルギーなので、相性もあると思うんですが、特に消化に優れたキャットフードだなって、大満足です。
飼い主様D
うちの猫はたくさんの食物アレルギーがあるのですが、やっとこのアカナで理想のキャットフードに出逢えた、と感激しています。穀物、じゃがいも、鶏肉などを、このアカナのキャットフードでおいしそうに食べてくれます。このままアレルギーが発症しなければよいと思っています。

アカナを愛猫に与える際の注意点

  • 匂いが強い。
  • 子猫には少し粒が大きい。
  • 食物アレルギーのある猫に対して、有効である場合と、そうでない場合がある。豆類が苦手な猫ちゃんは、アカナに成分として入っているので、向いていない可能性は高い。

アカナは地元産にこだわった、自然豊かな原材料によって作られたキャットフードです。だからこそ、ほかのフードよりも、合う合わない、が明確化していると思います。

万能なキャットフードというのは、どこにもありえません。食物アレルギーのある猫ちゃんに対しても、すごく有効だという場合と、どうしてもダメだという場合もあります。

ただ、食べてくれない、というのは、フードの与え方に問題があります。以下の解説は役立つと思います。参考にしてください。

 

「食いつきが悪い」というキャットフードの評判は、まったくフードの良し悪しと関連性はない

「猫が新しいキャットフードを食べてくれない…」

評判がよい、栄養にもよさそうだ、と思って、たとえばアカナのような良質なキャットフードを与えても、「猫が食べてくれなくて困ってしまった」という飼い主さんのケースは、けっこうあります。口コミにも本当に多いです。

でも、これはキャットフードが悪いわけではないので。

たとえば人間の子供が、魚や野菜を食べたがらなくて、ジャンクフードやお菓子を食べたがるのといっしょなんです。

市販の安価のキャットフードには、猫の嗜好性を誘う、糖分や添加物がたっぷり入っています。

たとえば、ビートパルプなどです。

ビートパルプについても、気にされている飼い主様もいらっしゃると思います。

◆ ビートパルプとは、化学的に作られた砂糖成分です。水準以上のキャットフードには入っていませんが、市販の安価のキャットフードにはたいてい入っています。

あまり多い炭水化物や食物繊維が猫に悪いのは、猫の消化機能の働きが弱いためです。人工的に作られた添加物や、着色料、香味料などもそうですが、猫はそれらを大量摂取すると、体に異変を起こします。

もちろん人間にもよくないのですが、人は猫よりずっと内臓の働きがよいので、一定のものは蓄積せず、体外に放出されます。でも、猫の場合は体内に溜まっていきます。

食いつきがいいから、とそのようなキャットフードを与えつづけていると、いずれ猫の体は内側からダメになっていき、病気になります。

あまり食べたがらない場合は、7~10日を目安に、古いキャットフードから、新しいキャットフードへと、量を増していきましょう。

 

公式サイトで買いましょう

少しでも安いものを、と大手のネットショップで、キャットフードを購入することを、おすすめしません。

本来公式サイトでしか扱っていないものが、ほかで売られているのは、転売業者が扱っているためです。

以前、ファインペッツ・キャットフードがなぜ公式サイトからでしか購入ができないか、を当サイトで書きました。

アカナなど、徹底した品質管理と地元の原材料にこだわったキャットフードを、輸送コストを抑えて低品質管理をする業者から買っては、まったくそのキャットフードを愛猫に与える意味がない、ということがわかります。

愛猫との生活を幸せなものにしましょう。



世界50か国以上で愛されている!【オリジン】
(オリジンはリニューアルし、カナダ産からアメリカ産となっています。こちらはアカナのみの公式サイトとなります。)

-キャットフード
-, , , , ,

Copyright© 猫だもの ニャニオー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.