猫だもの ニャニオー

あなたと愛猫とのライフスタイルを幸せにしましょう!

キャットフード

非グレインフリー派におすすめの国産キャットフードベスト3

更新日:

国産キャットフード

飼い猫に外国産の穀物不使用のプレミアム・キャットフードを与えている方が増えています。いわゆるグレインフリー・キャットフードです。

豊富な原材料と、健康バランスに優れた、高価格なフードです。

しかし、グレインフリー・キャットフードにもデメリットはあります。

非グレインフリー派、非外国産派、つまり穀物入りの優れた国産キャットフードがよい、という飼い主の方のために、おすすめの国産のキャットフードを3つご紹介します。

 

グレインフリーって、よく聞くけど、なに?

国産キャットフード

穀物不使用のキャットフードのことを、グレインフリーといいます。「穀物から出来上がる原材料が不使用」という意味です。

なぜ猫にグレインフリー・キャットフードを与える飼い主が増えているか、というと、猫には穀物は栄養にならず、消化器系の働きも、とても悪いためです。

猫は消化が悪い生き物

猫は人や犬と違って、雑食動物ではなく、肉食動物であることを把握しておきましょう。人や犬は炭水化物を主にエネルギーとしますが、猫はたんぱく質をエネルギーとします。

酵素の成分についても、学んでおきましょう。

猫には歯がありますけれども、実は猫はほとんどの食物を噛んで、口から胃へ流しこんではいません。噛みはしますが、噛み砕いて咀嚼をしていない、ということです。唾液には消化酵素の働きがあります。人の場合は咀嚼した時点で、多くの食べ物の消化がされています。猫はそのまま食べ物が胃から腸へ渡っていくことになります。

酵素の働きが鈍いと、腸内環境が悪化します。だったら、腸内環境をよくしてあげる、という発想も一方ではあります。しかし、一般的には、そもそも腸内環境によくない食べ物を与えなければいい、という発想が、猫の健康維持にとっては、主流になっていくのは当然ともいえます。

それで、消化に悪い=穀物を不使用にする、グレインフリーキャットフードが人気になったというわけです。

 

猫が穀物を摂りすぎるとどうなるの?

国産キャットフード

猫が穀物を消化できずに、それを摂りつづけると、どうなるんでしょうか? 主な症状は次の4つです。

  1. 消化不良(便秘、嘔吐など)
  2. アレルギー(皮膚病など)
  3. 肥満
  4. ガン

・ 便秘になったり、軟便になったり、嘔吐してしまう、という原因のほとんどは、穀物のせいだといわれています。ただし、炭水化物に入っている繊維質は、腸内環境をよくする成分です。粗悪な穀物類でフードが作られている場合、と考えてください。

・ アレルギー症状になります。穀物は、大豆小麦などでできています。これらの中に猫のアレルギーとなる成分が、たっぷり含まれています。キャットフードでグルテンフリー(小麦粉不使用)が増えているのは、小麦が猫にとってよくないものであることがはっきりしているからです。少量ならば、猫も穀物を消化することが可能ですが、それでも小麦は体内に蓄積して、猫にアレルギー反応をもたらします。

・ 皮膚病になってしまう猫の要因の多くは、この穀物に含まれる小麦といってよいです。

・ さらに、肥満ということになります。人も猫も同じで、肥満である、ということは、明らかに体調不良なんです。穀物は体内で分解されて糖分となり、これが血糖値をあげる働きをします。肥満の方は、血糖値が高いわけです。

クーちゃん
猫が太る理由を丁寧に教えて?

血糖値を下げるインスリンが分泌されることで、このインスリンが脂肪分を燃やさず、体内にとどまらせるため、肥満になってしまうサイクルが体の中で起こります。
血糖値が上がると、インスリンがどんどん出るわけですが、それは血液中のブドウ糖の量を一定に保つためです。体が血糖値の調整を行っているのです。
しかし、穀物を摂りすぎつづけると、この機能が追いつかず、インスリンは分泌されますが血糖値を下げることができないまま、脂肪分の蓄積によって、体がぶくぶく肥ってしまう、ということになるのです。

・ 体に悪いものが体内に蓄積して、もっとも懸念されるのは、明らかに、がん、です。

 

穀物に含まれる炭水化物について

国産キャットフード

猫は炭水化物から栄養を摂らない生き物です。

ただし、まったく穀物を摂らないことは、猫も体には悪く、なぜなら健康管理に必要な成分が、炭水化物にもたくさん入っているからです。

グレインフリーのキャットフードは、それら炭水化物に含まれる、ビタミン、ミネラル、繊維などの重要成分を、ほかの野菜フルーツなどの、やはり自然豊富な原材料によってカバーします。

なので、穀物はいらないじゃないか、ということになります。グレインフリー・キャットフードを与える飼い主の方が、はっきりと増えています。

ここまで聞くと、よいところばかりのような気がしますが、デメリットはあるんでしょうか?

グレインフリー・キャットフードのデメリット

悪い点

  • いわゆるかさ増しのための安く仕入れられる穀物類の原材料が使われていないため、価格が高くなる。さらに国内で価格が高くなる理由は、輸送コストがかかるため、ということもあります。
  • 多くのグレインフリーのキャットフードの原材料は天然素材のため、賞味期限が、非常に短いです。ローテーションでフードを与える飼い主の方には不向きです。

グレインフリー・キャットフードの問題点として大きく浮かび上がるのは、価格、ということになるでしょう。どうせ高いものを買うなら、愛猫に相性がいいもの、よい商品を購入したいですよね?

以下に、グレインフリー・キャットフードを購入する際の注意点を書いておきます。

 

グレインフリーのキャットフードを購入する際の注意点

国産キャットフード

本来はもっと安いはずの値段で買えるグレインフリーのプレミアム・キャットフードが、国内で買うと非常に高い、というのが、普通です。

一方、高価であるはずの外国産のフードが、Amazonや楽天などで、安価で売られている、という場合があります。

…この理由はなんでしょうか?

クーちゃん
なんで?

防腐酸化剤など一切使用していないプレミアム・キャットフードは、賞味期限がだいたい1ヶ月から3ヶ月くらいです。そのために企業側では、品質管理にも繊細な配慮がなされています。
生産過程や保存管理やパッケージはもちろん、輸送にも多大な費用がかかります。
すべてを統括して、安心安全のキャットフードを飼主に届けたい企業は、たいてい公式サイトからでしか販売を行いません。大きなショップで販売すると、転売業者が仲介してきて、品質管理の行き届いていない品物が出回ってしまうためです。

必ず公式サイトから購入しましょう。ネットに悪評が出回っていたりしますが、そういう粗悪品を安価で入手してしまった方たちの意見が多いです。

グレインフリー・キャットフードが高価格な理由

グレインフリー・キャットフードが高価な理由は、次の3点です。

  1. 原材料を豊富な天然資源に頼っている
  2. 品質管理を自社で徹底している
  3. 海外に発送する際に輸送費をかける

外国で買えば半額で買えるものを日本で倍の値段で売っているプレミアムフードを買う飼い主は騙されている、という人がいますが、輸入しているものの相場が高くなるのは、費用がかさむため当然のことです。

それだけ品質管理を徹底している、ということですし、また品質がよい証拠なわけです。

本当にそのキャットフードが必要で買い求めるのであれば、品質管理の行き届いた公式サイトから購入すべきで、大型のネットショップで販売されているものは、ほぼ斡旋業者が行っているものです。

 

日本になぜグレインフリーのキャットフードがないの?

国産キャットフード

素朴な疑問が出てくる方もいらっしゃると思います。

なぜ日本にはグレインフリーのキャットフードが少ないんでしょう?

当サイトの上記の記事では、ランフリー(桜姫鶏)キャットフードについて解説していますが、ランフリーはグレインフリーです。

しかし、国産のキャットフードの多くは穀物を使用しています。低価格で、品質管理の行き届いたグレインフリーを求めるならば、国内で作ればよいのに、という発想になりそうですが、残念ながらそうならないんです。

なぜでしょう?

国内産では需要がない!

すでに、国内産のキャットフードは粗悪品が多く、今はネット通販で買えるご時世なので、外国産のキャットフードを買う、という飼い主の方が増えてしまっています。国内でグレインフリーの高級キャットフードを生産しよう、という企業はなかなか現れません。

そもそも海外でも、グレインフリー・キャットフードは主流ではありません。多くの愛猫家は穀物の入ったフードを与えている、ということも手伝っています。

ただ、国産、外国産問わず、グレインフリーでなくとも、猫の健康によいキャットフードは存在します。

知名度がないために、知られていないだけです。そこで、グレインフリーではないおすすめの3つの国産キャットフードを、今回はご紹介します。

 

おすすめの3つの国産キャットフード

シェフキャット

1袋 850g 2,245円(税込)

シェフキャット原材料名:生肉(牛、鶏、馬、魚肉)、玄米粉、大麦全粒粉、魚粉、サツマイモ、ジャガイモ、ホエイタンパク、コプラフレーク、ひまわり油、煎りゴマ、グレインソルガム(穀物)、コーングルテン、ビール酵母、アスコフィラム・ノドサム(海草)、脱脂粉乳、イソマルトオリゴ糖、乳酸菌群

シェフキャットは実は一部でとても人気のある国産キャットフードです。原材料の穀物としては、玄米粉、大麦、さらにグレインソルガムなどが使用されています。猫の栄養バランスを考えると、煎りゴマ、乳酸菌など、独特な配合で、栄養素が高いことがわかります。1日50g与えるとしたら、132円で、価格もリーズナブルで、そういう観点からも、1位にしました。

◆ グレインソルガム 南アフリカ原産の穀物の一種です。

日本のみのり

国産キャットフードおすすめ

1袋 200g 972円(税込)

日本のみのり原材料名:玄米(山形県:減農薬米)、鶏の胸肉(徳島県:神山鶏)、ポークエキス(国産)、ポークオイル(国産)、おから(埼玉県:神泉村)、鰹節(国産)、豚骨カルシウム(国産)、スケソウダラ粉(国産)、にんじん(千葉・茨城県:減農薬)、鰹エキス(国産)、昆布(北海道産)

日本のみのりは玄米を主な原材料にした、知る人ぞ知る、というか、愛猫家の方は一度は購入したことがあるんじゃないかな…と思う、国産人気ブランド・キャットフードです。豚と鰹は猫に栄養の高い動物性たんぱく質を豊富に含んでいます。鶏と豚、鰹節がよい具合にブレンドされた、地方色豊かな、独特な配合のキャットフードといえるでしょう。ただし、価格が高いので、お試し買いをして、愛猫に相性がいいかどうか判断してから、継続を考えられる方が多いように思います。

ねこはぐ

1袋1.5kg 6,980円(税別)
毎月お届けとくとく便だと、1袋が3,980円(税別) /43%off
(クレジットカード決済なら、1袋が3,480円(税別) /-500円引き)

ねこはぐ原材料名:鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンB、ビタミンD)、タウリン

ねこはぐは九州産の天然素材の鶏肉、鰹を用いた、栄養満点の比較的新しい国産キャットフードです。有名人でも飼い猫に与えている方もいらっしゃって、人気に火が点きました。ミネラルとビタミンの豊富さが、原材料から見てとれます。雑穀米は猫の体にとてもよく、小麦を使っていないことからアレルギー予防も万全です。当サイトで、ねこはぐに関してはレビューを書いていますので、興味のあるかたはぜひ。

 

まとめ

国産キャットフード

外国産か、国産か、グレインフリーか…キャットフード選びは、いろいろと迷うところではあります。

とりわけ、初めて猫を飼った方は、どんなキャットフードがよいか、たくさん種類があるので、わからなくなってしまうかもしれません。

最初は、ローテーションで与えてみるのがよいのではないかな、と一飼い主としては思います。

ただ、お試し買いはいいと思うのですが、1日、2日限りでやめてしまうことは、おすすめしません。皆さんお試し買いされる方が多いんですが、ぼくはあまりおすすめしないんですね…。

猫は警戒心の強い生き物なので、新しいキャットフードに慣れるまでに時間がかかります。2ヶ月はつづけてみてください。さらに、フード自体も継続しないと、その栄養素が実感できないことが多いです。

グレインフリーのキャットフードを与えたことがない、という飼い主の方は、一度ご賞味いただいてもいいんじゃないかな、とは思います。ぼくが最初に購入したのは、カナダのチャンピオンズフーズ社のオリジンでしたが、もう食いつきがぜんぜん違って、フードの存在感が違うというか…笑 びっくりしましたよ。

一方、国産キャットフードに偏見を持たれている方も、国産のキャットフードにもよいものがある、ということを理解していただきたい次第です。

ぜひ、愛猫に合うキャットフードを与えてあげてください。

-キャットフード
-, , , ,

Copyright© 猫だもの ニャニオー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.