猫だもの ニャニオー

あなたと愛猫とのライフスタイルを幸せにしましょう!

キャットフード

ヒューマングレードキャットフード・米独日のおすすめベスト3

更新日:

ヒューマングレード・キャットフード

ヒューマングレード・キャットフードが愛猫家たちのあいだではすっかり定着しました。

ヒューマングレードタイプのキャットフードとは、人が食べても安全なフードということです。

人の食材と同じ原材料を使っているということで、品質管理も行き届いたものが多いですが、落とし穴もあります。

ヒューマングレード・キャットフード=健康によいキャットフード、ではありません。

ヒューマングレードとはどういうものなんでしょうか?

また、個人的に、おすすめのヒューマングレードのキャットフードを3つ選んでみました。

 

なぜヒューマングレードが生まれたのか?

グレインフリー・キャットフード

海外では、キャットフードの法律が厳しく、品質管理が徹底したペットメーカーの商品が多いです。日本でも日本ペットフード協会が、フードの指導をしていますが、粗悪品が多く市場に出回っているのが現状です。

海外においては、犬猫とは人と共に過ごす家族であり、よきパートナーであるという認識があるのに対し、日本においては、犬猫はあくまで愛玩動物である、という意識の落差があります。

日本はペット産業後進国、イギリスやドイツをはじめとする海外の先進諸国はペット先進国、という発想が一般的です。ただ、それを単純化するのも、問題です。

日本はある意味では、他の海外諸国よりも猫と生活を身近にしてきた歴史があり、身近であり過ぎたからこそ、研究対象として見なかった、ということが大きいのです。

犬猫は人とはまったく生態が違っているため、独特の食料を与えなければなりません。

キャットフードがこれだけ議論をされ、ときには波紋が広がり、噂されるのは、猫の特異な生態に原因があります。

 

ヒューマングレードという「思想」

グレインフリー・キャットフード

ヒューマングレード・フードの意識が発展してきたのは、犬猫を家族と見なすようになってきた「動物愛護」や「民主主義」的な思想的側面が大きいです。

実際、ヒューマングレード、といっても、そこに法的な基準はなにもないんですね。「思想」というか、もう「感覚的」なもの、といってもよいです。たとえば、ヒューマングレードというだけで、そのキャットフードが安心安全、無添加、というのは間違いです。

ペットフード成分の基準値を定めているアメリカのAAFCO(米国飼料検査官協会)も、ヒューマングレードとはなんの関連性もありません。ペット企業が、これはヒューマングレードだ、といえばそうなってしまうんです。

そうすると、いろんな矛盾が沸き起こってきますよね? 猫は人とは内臓の機能がまったく違うのに、なぜ人と同じ食材を使うのか? ヒューマングレードのキャットフードとは、あくまで人が食べても問題がない程度に品質がよい、猫にとって相応しいフードである、というものです。

従来のペットフードは、人が食べる食物とは違う原材料、または、人が食べない、食べ残した材料を用いて生産されてきました。

猫はペットではなく、家族であるという思想が、ヒューマングレードの根本にあります。

 

ヒューマングレードに相応しくない成分?

グレインフリー・キャットフード

添加物 酸化防止剤、保存料、人工着色料、人工香料、栄養強化剤
これらのものは、単にキャットフードを美味しくみせるためだけに加工された非栄養成分です。

肉副産物、ミートミール
なんのお肉かわからないもので作られている原材料です。廃棄用の家畜の肉や羽根くちばし、食料品で余ったもので作られたフードです。

穀物 米、大豆、とうもろこし、小麦
猫は穀物を上手に消化することができません。唾液から出る酵素で食料を分解することができず、そのまま食べたものは胃から腸へ直接流れます。腸は人間よりとても短いため、消化機能が悪いです。最も消化されにくいとされる穀物の中の炭水化物は、猫にとって栄養として必要がないものといわれます。もちろん必要な成分もあるのですが、それらは別の栄養のある原材料からとればよいわけです。穀物に入った、とうもろこし、特に小麦は猫にアレルギーを起こさせる最大の原因といわれます。(勘違いされる飼い主の方がけっこう多いのですが、猫によくないのは小麦です。大麦は猫にとって害ではありません。)

しかし、ヒューマングレードのキャットフードが、これらすべてを満たすフードなのか、といえば、ぜんぜん違います。

 

ペットフード安全法について知りましょう

グレインフリー・キャットフード

2007年にアメリカで大量の飼い猫が亡くなる事件が起こりました。死因は、キャットフードの成分として含まれていたメラニンが原因です。

※ メラニン シミやくすみになる成分として有名です。紫外線を吸収する作用を持っています。猫にとっての有害物質のひとつとなります。

アメリカがペットフードの法整備をはじめたのは、その事件が発端でした。

日本も倣って、「ペットフード安全法」が制定されることになります。原材料や成分をしっかり記載しなさい、というものです。

だからといって、人工の添加物は禁止されてはいませんし、発がん性物質の要因とされる「BHA」などが混入されていても、記載してさえあれば問題はない、ということになっています。

「肉ミール」「魚ミール」など、いったいなんのお肉で作られたかわからない記載がされています。

普通にそのようなキャットフードが売られているわけです。それらのフードを多くの飼い猫が食べているということになります。

 

ペットフードの先進国であるイギリスとドイツ

グレインフリー・キャットフード

ペットフードの発祥の国はイギリスですが、ヒューマングレードの意識が明確に表れたのは、ドイツです。

日本と外国のペットフードにおける大きな違いは…

  • 日本は猫の嗜好性を高めるために、風味や味付けにこだわったキャットフードが多い。
  • 外国は猫の健康を考えた栄養素の高い原材料を使ったキャットフードが多い。

しかし、評判がいいから、外国産の高価なプレミアム・キャットフードを買い求められて、飼い猫に与えてはみたけれど、食べてくれないどころか、吐いたり、下痢になったりしてしまう、という現状が絶えません。

海外産がいい → 買っても食べてくれない → やっぱり国産 → 粗悪品だ! → 療法食 → 結局元のキャットフードに戻る。

そういったキャットフード・ジプシーの方も多いです。

日本でもヒューマングレードのキャットフードが脚光を浴びだしたのには、そういう背景があります。

 

どういうヒューマングレードのキャットフードがあるの?

しかし、ヒューマングレードをうたっているキャットフードが粗悪品であるようなことは、ほぼありません。この辺りは心得ておいて、大丈夫です。

要するに、良質なキャットフードですよ、ということです。

あとは、愛猫に相性がいいか、どうか、です。

個人的に、ヒューマングレードタイプのキャットフードで、我が家の猫に与えている、あるいはかつて与えたことがあるもので、よかったな、と思ったものを、3つご紹介したいと思います。

ヒューマングレード・キャットフードを試されたい方は参考にしてください。

 

アーテミス フレッシュミックス・フィーライン

ヒューマングレード・キャットフード

1袋 500g 1,209円 1kg・1,979円 2kg 3,740円 6kg 8,400円 (すべて税込価格) 392.2kcal/100g アメリカ産

アーテミス・キャットフードは、原材料の穀物は大麦のみ使用。全猫種年齢対応。会社は本来はドッグフード生産が主で、キャットフードは品種が少ないのですが、与えるならば、このフレッシュミックスがおすすめです。フレッシュチキンを主な原材料として、一切の添加物も不使用です。アメリカはペットフードに関しては法整備がしっかりしていて、ヒューマングレードの思想がいちばん浸透している国といってよいです。

フレッシュミックス6つの特徴

  • 1. 私たち人間が口にできる「ヒューマングレード」
  • 2. 複数の動物性タンパク質をベストバランスで配合
  • 3. 必要な栄養素をあますことなく網羅
  • 4. 様々な抗酸化物質の働き
  • 5. ペットにとって有害な物質は完全除去
  • 6. 栄養成分の吸収効率をあげる独自の製法

※ 参照 株式会社ケイエムテイ
http://www.kmt-dogfood.com/artemis/freshmix06.html

原材料名:フレッシュチキン・ドライチキン・えんどう豆・大麦・米糠・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・チキンスープ(天然風味料)・ドライ魚肉・フラックスシード・硫酸水素ナトリウム・塩化コリン・タウリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれん草・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グリーンティエキス・大麦エキス・L‐カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウム アニマリス・ラクトバチルスロイテリ・キレート亜鉛・ビタミンE・ナイアシン・キレートマンガン・キレート銅・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・チアミン硝酸塩・ビタミンA・ビオチン・ヨウ化カリウム・パントテン酸カルシウム・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・酸化マンガン・亜セレン酸塩ナトリウム・ビタミンD・葉酸

 

ファインペッツ・キャットフード

ヒューマングレード・キャットフード

1袋 1.5kg 3,429円(税込)/お試し1,000円(税込)
427.2kcal/100g オランダ産

ファインペッツ・キャットフードの穀物は米。アヒル肉とニシンを主な原材料とした全年齢、全種に対応した1種類のキャットフードが特徴です。オランダの工場で生産されていますが、日本のエヴリワンズという会社が生産に乗り出し、カナダのペットフード会社とコラボして作られました。原材料はフランスとオランダです。お試しとして、通常の1.5kgを1000円で購入できます。ヒューマングレード・キャットフードを買ってみたい方にはおすすめです。ファインペッツ初回1000円お試しの記事を、当サイトで書いていますので、参考にどうぞ。

ファンペッツの最大の特徴

  • 公式サイトからでしか、キャットフードの購入ができません。多くのフードがAmazonや楽天等で入手できるのに対し、品質管理も自社の管理責任において徹底するという姿勢が貫かれています。
原材料名:アヒル肉、ニシン、全粒米、ポテト、鶏脂、フレッシュサーモンオイル、鶏肉、チコリ、グリーンピース、鶏レバー、植物性繊維質(豆類由来)、ビタミン(ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、イノシトール、ビタミンA、チアミン、Dパントテン酸カルシウム、ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンK、ベータカロチン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄、銅、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ユッカシジゲラ、マンガンオリゴ糖、ボリジオイル、フラックスシード、Lカルニチン、イヌリン

※ 参照 ファインペッツ公式サイト
https://www.finepets.jp/

 

ハッピーキャット アトランティックラックス (サーモン)

ヒューマングレード・キャットフード

1袋 300g 1,026円(税込) 1.4kg 4kg 3,564円(税込)
375.3kcal/100g ドイツ産

ハッピーキャットはアメリカと並び、ヒューマングレード先進国のドイツを代表するキャットフードです。「全猫用」「子猫用」「療法食」と3タイプあり、さらに、体質の弱い猫に合わせた「センシティヴ」タイプや、「療法食」もあります。サーモン味のアトランティックスラックスを、個人的にはおすすめしたいです。

ハッピーキャットの魅力

  • 無添加でヒューマングレードのキャットフードの代表格です。高品質であり、健康にも配慮した成分バランスが優れています。実はハッピーキャットの考案者は企業ではなく、普通の飼い猫を飼ってらっしゃる愛猫家さんでした。本当に我が家の猫によいものを食べさせてあげたい、という思いから生まれたのがハッピーキャットであり、そしてヒューマングレード・キャットフードの根幹となったのです。
原材料名:チキンミール(18.5%)**、家禽脂、サーモンミール(11%)、米粉、トウモロコシ粉、トウモロコシ、グリーブス(脱脂内臓肉)、ポテトフレーク、セルロース*、ヘモグロビン*、ビートファイバー*、塩化ナトリウム、乾燥全卵、サッカロマイセス・セレビシエ*、塩化カリウム、アップルポマス*(0.4%)、海草*(0.2%)、亜麻仁(0.2%)、緑イ貝*(0.04%)、チコリの根(0.04%)、イースト抽出物*、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム (ハーブ:0.18%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素/kg(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)**乾燥、一部加水分解、*乾燥

※ 参照 ハッピーキャット公式サイト
https://happycatjapan.com/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/

 

まとめ

新しいキャットフードの広告を目にするたび、ヒューマングレード、といったフレーズが、飛び込んでくることが、珍しくなくなりました。

大切なのは、愛猫の体質や健康状態を日々観察することでしょう。相性のいいヒューマングレードのキャットフードを与えてください。

  • 肥満型 → 穀物が多いものはあまりよくない
  • あまり尿をしない → たんぱく質が高いものはあまりよくない
  • 吐き癖がある → 療法食タイプのものがおすすめ
  • 便秘がち → 穀物の入ったものがおすすめ
  • 口内炎ができやすい → 小麦や大豆などのアレルギーの入ったものはよくない

ヒューマングレードのキャットフードは、原材料が天然素材のものが多く、無添加で、安全性が高いものが確かに多いのですが、愛猫に相性がいいものかどうかは別問題なので、ご注意ください。

ストルバイト結石症になるマグネシウムやリンの値、たんぱく質の必要性の度合い、皮膚病によいサプリメントの成分についてなど、いろいろな観点も知る必要があります。ヒューマングレードもそのひとつの健康に配慮された商品だというものです。

-キャットフード
-, , ,

Copyright© 猫だもの ニャニオー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.