猫だもの ニャニオー

あなたと愛猫とのライフスタイルを幸せにしましょう!

我が家の猫たち

 

ぼくが飼っている猫や、近所で仲良くしている猫たち、また、ご近所さんや親しくさせいただいている方たちの猫ちゃんたちも許可をいただいて、掲載!

ときどき画像をupしていこうと思っています。

興味がある方は、癒されて下さればうれしいです。

※ また、猫を飼いたい! という方、里親のご相談に乗ります。初めての方でも大丈夫です! ぼくはこれまで何匹もの猫を、里親に出してきました。下の画像の映っている猫の中にも、ぼくが拾った猫ちゃんたちがいます。へその緒がついた状態でビニール袋に入れられて、ゴミ箱に捨てられた子もいました。猫に興味がある方は、どのような方でも大歓迎です! ご質問も、お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

ミーちゃん

去年我が家から近い明治どおり沿いの国道で、泣いていたのをぼくが見つけて、保護しました。一週間ほどぼくが家で飼ったあと、最初の里親ではうまくいかなかったですが、二件目の家で今はとても幸せに暮らしています。

名前はミーちゃんです。三毛猫なんですが、なぜか体はほとんど白いという……笑 とても素直な子で、拾ったときにわかったのですが、野良猫ではなく、子猫のときから飼われていて、なにかの事情で捨てられたのだな、と。

餌をあげた、ぼくにどこまでもついてくるので、決心して家に抱いて帰りました。拾ってあげて、正解だった、と思います。

猫タワーのベッドで猫鍋状態になってます笑

猫って、なんでスーツケース好きなんですかね? あと、段ボールも。すぐにコンパクトにおさまって、寝てしまう。自分も連れてけってことか?

いわゆるバックショット。後ろ姿美人ですね。いい感じにしなを作ってるのは、和猫ならでは。さらに、バックショットをもう一枚。この写真は、個人的にとてもお気に入りです。

チーちゃん

 

 

先日、やはり近所で保護した猫です。このとき生後2-3ヶ月といったところでしょうか。日曜日に散歩しているときに、国道沿いで鳴いている猫の声を聞きつけ、道を渡って探すと、繁みの中で目を光らせて潜んでいるのを見つけました。

警戒して、すぐに近くの空き地に逃げていったのですが……。

このチビ助は、結局保護するまでに10日間かかりました。親とはぐれたばかりの野良猫だったのでしょう。面白いエピソードがたくさんあります。

まず、その日に見失ってしまったので、諦めて買い物帰りに歩いていたら、見つけた道の反対側のマンションの自転車置き場から偶然出てきて、鉢合わせする格好になったのです。

あの6車線もある大通りを渡っていった、ということになります。

「ああ!」と思ったのですが、やはり逃げられてしまいました。

翌日は大雨が降る中、捜してまわったら、ぜんぜん違う物置の下で鳴いているチビ助の声を聞きつけました。コンビニで餌を買ってやると、美味しそうに食べてくれました。

それからがさらに大変でした。それまでは鳴き声がしたので、見つけることができたのですが、声がしなくなってしまったのです。

毎日近所を歩きまわること、二時間。また、ぜんぜん違った場所で、繁みに隠れているチビ助を発見! 餌をあげると、美味しそうに食べてくれました。このときの画像がこれです。

虫取り網や、タオルなどを用意するものの、その日の捕獲には失敗。

どうしても油断しません。

もう、無理か、と思った10日目。数時間あるきまわって、もう見つけられないから、帰ろうと思ったその瞬間、茂みに隠れているチビ助を、発見! 数時間もの格闘の末、ようやくキャリーバックに収めることができました!

我が家で捕獲したその日の夜。怖がって、隠れちゃいました。

翌朝、隣の部屋を除くと、どこにもいない。カーテンの後ろに隠れていました。

一ヶ月くらい、家にいたんですけどね。ベッドの上にも乗るようになりましたね。

チラシを作って、近所の動物病院などに協力していただき、やっと里親を捜し求めることができました!

今はこんなにたくましくなったチビ助。チーちゃんと呼ばれて、すっかり家族になりました。

時計が不思議なようです笑

ひなこ

あるときコンビニのゴミ捨て場から、猫の鳴き声がするのが聞こえました。驚くことに、ビニール袋を開くと、中から4匹の子猫たちが表れました。まだ生後数日というところでしょう。へその緒がついていたんです。

すぐに家に持ち帰ったときの写真がこれです。

ほかの猫ちゃんたちは里親に出して、一匹を家で飼うことにしました。

一年でこんなに立派な猫になりました!

今ではこんなに貫録のあるドヤ顔の猫に健康に育ってくれました笑

ミーちゃんとひなこ

いっしょに病院に連れていってもらったり、二匹のショットがけっこうあるので、掲載しておきます。仲良さそうに見えますが、実は意外とこの二匹が仲が悪いんです笑

 

コウタロウ

 

この子は家からけっこう離れているんですけど、ぼくがいつもジョギングするコースにいる半ノラのしまネコちゃんです。あまり人懐っこくはないかな笑 ほかにも、この家では、二匹のチャトラの猫がいて、三匹で仲良く暮らしています。

嶋譲二

 

この子は、我が家のマンションの隣にいる子で、最初見たときはもっと離れたところで見かけたんですけど、ぼくの家の近所を今はいつもうろうろしてます。記念にパチリ。

最初見つけたときは、もっと小さかったんですが、すっかり大人になってしまいました。ぼくだけじゃなく、ほかの多くの方もこの子のことを知っていて、餌やお水を与えてくれているみたいです。

ちょっと感染症が心配なんですが……。

もう大きくなってしまったので、飼い主を探すのは困難でしょう。顔がやさぐれているので、島譲治、とぼくは勝手に名前をつけて、呼んでいます。

ぶっちー

家の近所の野良猫です。餌をもらってるらしく、よく見つけました。でも、あるときぱったり姿を見なくなりました。鼻の頭にブチがある子は、愛嬌があって、性格がいい子が多いです。今も元気に生きていたらいい、と祈っています。

ホームレスに飼われている猫

実はこの子、隅田川沿いのテント暮らしをしている、あるホームレスの方が飼っている猫なんですけど……可哀相なのは、首輪がつけられて、紐で縛られているんですね。頭が「子連れ狼」の男の子ですね笑 実は最近見かけなくなりました。

寅蔵

近所の方が、見つけてしばらく餌をあげていた猫です。目つきがこわい…。写真の撮り方が悪かったんです。とてもいい子です。

シマちゃん

浅草界隈には、たくさんの野良猫がいます。たいていは、一度保護されて、去勢されています。

証拠の耳カット!

浅草はぼくのランニングスポットなので、そこで出くわす一匹です。

あまり見かけることがないんですけど、桜橋近くで日向ぼっこをしてました。

アポロ

写真ですと、大人しそうですけど、かなりうるさいです笑

近所の猫です。

ニャー、ニャー鳴いていて、とにかくご飯を与えて満足したところで、パチリ。

野良猫で幸せになれる猫は、ほんの一部ですね。

チャッキー

ぼくの住むマンションのすぐ脇で鳴いている猫がいて、ごはんを与えましたが、あまり食べてくれませんでした。

首輪をつけていて、人懐っこく、飼われている家から出てしまって、迷子にでもなったのかもしれません。

でも、けっこう痩せていたので、少し心配しました。勝手に、チャッキー、という名前をつけてしまいました。飼い主の方、ごめんなさい。

ミューミュー

この子は、すごくいい子で、ぼくの通勤途中にいる半ノラの猫です。ちゃんと去勢されていますし、ごはんももらっているようですね。2日に1回は合います。

いつもぼんやりして、こんなふうに、道端に座っています。触ってあげると、とても喜ぶので、ついついかまってしまいます。

あまり上手く写真が撮れませんでしたけれど、とても可愛い子です。ちなみに男の子です。

シナモン

我が家で、以前飼っていた猫をご紹介します。名前はシナモン。男の子です。譲渡会で出会った猫で、飼うことにしたのですが、とても可哀相な生涯です。

まず、生まれたばかりの頃に、飼い主に捨てられました。車道を歩いているときに、尻尾を車に引かれて、ちぎれてしまいました。体も打撲していたみたいで、絶対に助からないといわれたんですが、拾った方は懸命な手当てをして、すくすく育ってくれました。

我が家でひきとったのは、生後一年くらいのときです。

半年くらいは、元気でした。とても幸せでした。

でも、感染症にかかりました。苦しかった頃の写真は載せません。感染症について徹底的に勉強をしました。キャットフードはなにがいいのか、猫の腎臓病など、自分の至らなさも痛感し、それからは猫についていろんな知識を増やすようになっていきました。

それがシナモンに対する、ぼくができる唯一の恩返しだからです。

看病もむなしく、亡くなりました。わずか1年半の人生です。神様はいない、と思いました。

これからは、できる限りのことを、小さなことでもよいので、自分ができることはないか、と考えるようになって、野良猫の保護もするようになりました。そして、今ぼくはこのサイトを作っています。

更新日:

Copyright© 猫だもの ニャニオー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.